リンちゃん、ごめんね。

リンちゃん、16日の夜に羽を使わずにお空に昇って行きました。


12日に保護してから16日の昼前まで元気だったんですけど、そこからどんどん元気がなくなっていって…。
それなりに食べていたのに、全然成長せずトゲトゲのままでした。
ん~、自分の羽で空を飛ばせてあげたかったなぁ。


リンちゃんがまだ元気だった15日の土曜日の午前中、朝5時起きが響いて昼寝していたら、
義父から電話が。

「また雀の子がおるわ」


・・・・。


「…わかりましたぁ。お迎えに上がりまぁす」


で、こうなりました。

20130617_1.jpg

羽がだいぶ鞘から抜けてる。(リンちゃんの羽の白いところが鞘)
多分リンちゃんと同じ巣の発育のいい子じゃないかな。
写真では小さくて弱弱しく見えますが、ピョンピョン飛んで声も大きくて食欲旺盛で超元気。


これは巣立ちヒナかと箱に入れてベランダに出しておいたら、親鳥が飛んできている。

エサは十分にはもらえていないようなので、2時間おきに部屋へ入れてエサをやってまた外へ出します。

リンちゃんはまだ小さいので自分から口をあけてねだるんですが、
この子、えーと名前名前……は、「レン」でいっか。(リンと言えばレン。兄弟だし)
レンちゃんは最初は警戒して絶対口を開けなかったのでつまようじでこじ開けてエサを流し込んでいたんですが、そのうち口を開けた方が楽にお腹いっぱいになることに気付いたか、ショリショリ鳴きながら大口をあけるように。

コノヤロウ。赤ちゃん返りか巣立ちするっていうこの大事な時期に!

とにかく、親が見捨てていないようなのでときどきエサをあげながら(親鳥ギャン鳴き)
みかん箱に入れてヒーターで保温(適温は35~8度。初夏でもヒーター必須)しつつ、
同じ巣だろうからリンちゃんの世話もするかもと期待して、16日の朝から2羽一緒に外に出して
様子をみてました。

その後、リンちゃんの元気がなくなってきたので
リンちゃんだけ室内に入れて手探りではちみつ補液をしてみたり
すりえだけでは栄養がたりないかとミルワームをすりつぶして混ぜてみたり、
いろいろやってみたんですが、ダメでした。

ミルワームは2cmくらいのいも虫。気持ち悪くて見るのもいやだったんですが、
皮が固くて消化が悪そうだったのでしごいて中身だけ絞り出したり死ぬ気で頑張りましたのに(>_<)

素手で触れるようになりましたよ!
今度また具合悪い子がいてもすぐ食べさせてあげられるようになりましたよ!

リンちゃん、ごめんね。
気をつけていたつもりだったんだけどね。
トゲトゲ気持ち悪いなんてふざけてモザイクかけちゃったりしてごめんね。
ほんとはすごく可愛かったです。

兄弟のレンちゃんは、今日お父ちゃんとお母ちゃんが迎えに来てくれて
ベランダからパタパタ飛んでお外に帰りました。

窓越しにすいくんにめっちゃ狙われてたけど、お父ちゃんがすごい威嚇してました。
頼もしいお父ちゃんだね。あ、お母ちゃんかもだけどね。
無事にお外で生きていけるように祈っててあげてください。


またね。



     

りん、ごはんの様子<動画>

保護当日より鳴き声が大きくなりました。



ちょっと訂正ってか補足。
動画のタイトルが「保護して3日目にようやくごはん食べた!」みたいになりましたが、
正確には「りん3日目、ごはんの様子」です。
保護した次の瞬間からモリモリ食べプリプリ出してショリショリ鳴いていました。

     

○○○の運命2013

20130614_1.jpg

                            ?!


20130614_2.jpg

                            ?!




去年はなかったので安心していたんですが。

外出先で義母よりメール。

「雀の子が落ちている。世話してくれる?」


キタ。_| ̄|○ デタ。


「すぐ帰ります。拾ってください」

これ以外の返信が私にできただろうかいやできなかっただろう
そうとも他に道などなかったのだ!!





まだトゲトゲできもちわrアレなので画像小&モザイク処理。
クリックで大きめ実体写真出ます。ちょっと閲覧注意。


s-20130614_5_mos.jpg

s-20130614_3_mos.jpg


名前は姪っこがつけてくれた「プリン」。

…にしようかと思ったんですが、最近ふーちゃんのことを
「ぷーちゃん」「ぷっこちゃん」「ぷこる」(←これはよく考えるとオカシイ)と呼んでいるので「ぷ」がカブる。

「りん」ちゃんにしましょうそうしましょう。

今日で3日目ですが、今のところ元気です。


実は、りんちゃんと同じ日にもう1羽落ちていたんですが、
その子は助けてあげられませんでした。

おととし(ちぃを育てた次の年)にも2羽拾ったのですが、
うまく育てられず死なせてしまいました。

最初に世話したちぃが意外と丈夫で手がかからずすんなり大きくなってくれたので
ちょっと気を抜いていたように思います。

とにかく小さいのでちょっとしたことが命取り。
初心に返って細心の注意で世話します。

ということで。伏字だった記事タイトルは「スズメの運命2013」でした。

応援よろしくお願いします!


「モザイクて!!シチレイな!!」
s-20130614_4_mos.jpg
「がんばりまちゅ!」


できるだけ日の入り同時で寝かせ日の出に朝ごはんをと思っているので、
早起きがはかどります。キツー。



     

ちぃ、大空へ!

保護してもうすぐ2か月になろうかという今日、


ちぃ、無事に飛び立ちましたー!


20090902_2.jpg


…いや、その感動の場面には立ち会えなかったんですけども(T_T)


少し前から、ちぃの部屋の外にエサをまいて
お友達を呼んでいたんですが、誰も来てくれなくて途方にくれてました。


ところが、昨日の朝、ちぃがお外の子と鳴き交わしていることが判明。


かなり遠くから 「…チュン!」

すると、ちぃが「ヂュンヂュン!」(かなり大声)


「チュン!」

「ヂュンヂュン!」

「チュン!」

「ヂュンヂュン!」


最近よく、この大声で鳴いていたのは
そういうことだったのかー!


念のため一日おいた今朝、もう一度確認しましたが、間違いない。
鳴き交わしている。

これはチャンス!


今日は友引、いい日旅立ち!



窓を全開に。

旅立ちを見送ろうと、私も部屋にいたのですが、
まとわりついて離れない。

いつもと同じように足の指にじゃれついたり、
ピョンピョン飛んで来て「ごはん?」と見上げたり、
足の上で水浴び後の羽づくろいをしたり。

うぅ~かわいい。

放したくないぃ~!

このままうちにいてもらってもいいんじゃない…?



いや、いかんいかん!

このまま一生、独りぼっちで狭い部屋に閉じ込めて過ごさせるわけには
いかんのじゃー!



心を鬼に、ちぃを残して部屋を出て
ドアの隙間からしばらく様子を見ましたが、
出て行く気配ナシ。


1階におり、30分おきにドアから覗いてみるも
いつまでたっても部屋にいます。


これは、今日の話にならないかも…
と思いながら、少し家を空けて4時前に帰ってくると、





…いなくなってました(泣)


嬉しいんだけど、うわー寂しい(>_<)



ちぃちゃん、こんなねぇねにお世話されたのに、
ちゃんと大きくなってくれてありがとう。

2時間おきのごはんや保温、ウンチのそうじやエサの虫取り、
大変だったけど、ずっとちぃちゃんが元気でいてくれたので、
なんにも心配することなくて、とても楽しかったです。

にぃには、この夏仕事がすごく忙しくて、ちぃちゃんの起きてる6時半までに
帰って来られなくて、だからちぃちゃんにぃにのことちょっと怖がってたけど、
お外で、蚊にさされながらエサの虫をたくさんとって来てくれたんだよ。

いずれはお外に返すつもりだったから、
あんまり遊んであげられなくて、ずっと一人でお留守番だったね。
さびしくてつまらなかったね。

スズメのお母さんみたいに上手にできなくてごめんね。
飛び方や水浴びのしかた、エサの皮のむき方…。
なんにも教えてあげられなかったのに、
全部自分一人でできるようになるのを目の前で見せてもらって、
野生って自然ってすごいなあと、ねぇねはつくづく思いました。

ねぇね以外には絶対に近寄らなかった用心深さも、
お外に帰った今となっては頼もしい限りです。

自由に飛び回れる分、危ないことも多いから気をつけて。


お部屋はしばらくそのままにしておきます。
窓も全部開けておくから。

ごはんは床にまいたままにして、
お水は毎日新しいのに換えとくね。

飛んでる虫も上手につかまえられてたから大丈夫だと思うけど、
ごはんに困ったら、いつでも食べに帰っておいで。


いつまでも元気でね。

バイバイ、ありがとう、ちぃちゃん!


20090902_1.jpg
                      「バイバイ♪」




あぁ、夜とか部屋に帰って来て寝てくれないかなぁ

↑未練タラタラ
     

ちぃ、まだいます。

ちぃちゃん、保護して1か月半。

よく食べ、よく出し、よく飛び、よく鳴き(声デカい)、大変元気です。


相変わらずのカメラ嫌いで、かわいい写真はほとんど撮れませんが、
隠し撮りした動画を。

床の水たまりで水浴びするちぃ。




ごはんをつつきながら、私の足の指で遊ぶちぃ。







ごらんのように、困ったことになってます。

いずれ外に帰すので、必要以上に人に馴れさせないように
していたつもりだったのですが。


・・・馴れちゃった。


そりゃね、1か月半毎日2~3時間おきにごはんあげてたらね。


頭や肩から離れない…なんてことはないのですが、
床に座っていると、まとわりついてきます。

呼ぶと返事したり、下から首をかしげて私の顔を見上げたり、
部屋の隅から、私めがけてピョンピョンと一目散に寄ってきたりして
すごくかわいいです。

ちょっと動くとパサッと飛んで逃げるので、
ニンゲン怖いけど独りぼっちよりは…と思って寄ってくるのかなと思うと、
やっぱりかわいそうなので、早く仲間のところに帰してやりたいのですが、
これがなかなか難しい。

飛べるし、少し前からごはんも自分で食べてるし、
能力的には問題ないのですが、
人間に育てられた子は、どうしたって危険回避能力が乏しいので、
一人きりで外に出すと危ないんだそうです。

ちぃなんて、私がモタモタしちゃって1か月半も人間と一緒にいたから
なおさら危険。

外にいるスズメよりちっちゃい気がするし、
いつまでたってもヒナの羽のままで、もしかして成長悪いのかなとかも心配。

他のスズメの仲間に入れてもらって、外の世界を教えてもらわないとと、
仲間を呼んでいるのですが、来てくれなくて(泣)

いっそこのままうちで…。とも思うのですが、
野鳥なので、飼うにはそれなりの理由(ケガしてるとか?)と県知事の許可がいります。
今は「一時的に保護」している状態で、目的は「自然に返す」こと。


さぁて、困ったぞ!

でも、やっぱりスズメらしく
仲間たちと空を飛ばせてあげたい。

明日から、お友だちご招待用のエサを
豪華なやつ(フルーツとか)に変えてみよっと。



…もしダメだったら、県知事の許可って簡単にもらえないのかな… (←あっ!)



プロフィール

michiko

管理者:michiko
人間犬猫鳥魚亀。
素材に恵まれた日々を覚書程度に。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

月別

いくつになったの(推定)